ブラックでも即日融資 審査の甘いキャッシング業者

有名なタレントさんなどを起用してテレビCMや広告などをうっている大手の消費者金融は、ブラックリスト入りしている人が借り入れすることは非常に難しいです。ほとんどの確率で借り入れできないと考えてよいでしょう。

大手の消費者金融は、毎日たくさんの数の審査を行っていますから、スピーディーに1人1人を審査判断するためにその個人情報に対して自動のスコアリングを行っています。今まで得た顧客データの中から統計をとり、その多くのデータからどういった機銃にすればいいのか、どういった人には貸しても返ってこない率が高いのかなどの情報を判断し、自動的にその人物の年齢や職業、勤務先、住居種別などの情報に対して点数付けをし、その結果によって審査結果をはじきだすシステムをもっています。

この際に過去の個人信用情報というものもチェックされ、過去の借り入れ歴に関して情報が細かくわかってしまいます。この情報は信用情報機関に記録されており、全国の加盟金融業者から情報提供され、それぞれの金融業者が申し込み者の個人情報を元にデータ照会をすればその人の今までの借り入れた額、取引金融業者名、借り入れた日と、いままでどのように返済をしてきたか、返済に延滞がないかなどの情報を見られてしまいます。

ここでブラックリスト入りしているかどうかがわかり、ブラックリスト入りとなるような金融事故の情報が信用情報機関に残されています。


ブラックリスト入りしている人は金融事故を起こしてしまって金融業者側との融資で信用を傷つける行為があった状態の人のことを指します。消費者金融からのキャッシングや、クレジットカードを利用して月々の支払いで返済が長期間も放置されてしまっていたり、自己破産などで貸付金を踏む倒してしまった人です。この情報もある程度のレベルが決まっていてちょっとやそっとの事では記録されませんから、業者側にとってもこのブラックリスト入りしている人には融資をしてくないと考えます。

ブラックリストしてしまうともう2度と借り入れができなくなってしまうのではないかというイメージもあります。しかし、全ての消費者金融で融資が受けられないわけではありません。その情報は最短で5年、一定期間が経過すればその信用情報機関からブラックの記録は消えることになっています。消えてしまえばまたブラックリスト入りする前と同じように借り入れすることができます。金融事故を起こしてしまってもずっと一生借り入れができないわけではありません。

さらにその記録が残っている期間のうちも全く借り入れできないわけではありません。その記録が消えるまでずっとおとなしく待っている必要もありませんから、その間に急にキャッシングが必要となって現金が手元にほしい場面で、消費者金融からブラックの記録があっても貸し出しをしてくれる消費者金融があります。
大手の消費者金融は30日間無利息や即日融資をうりにして大々的に宣伝をしていますが、ブラックの人はなかなか融資をうけられません。ブラックの人に対して厳しい審査を行うことはほぼ間違いありません。ブラックの人は100%に近い確率で融資を断られてしまっています。

しかし中小規模の消費者金融であれば、大手で断られてしまっていたブラックの人でも融資を受けることが可能です。ブラックの人でも融資対象として受け入れて融資をしなければ運営ができない為です。全ての人が借り入れできるわけではないので審査はされますが、ブラックでもいま収入があるひとであれば大体の人は融資を受けられるようです。中小の業者も即日融資を行っているところも多くなっていますから、ブラックの人は中小の業者へ申し込みをしてみてください。

即日融資OK ブラックでも借りれる消費者金融

ブラックの人が融資をうけることを諦めてしまっている人も少なくありません。確かにブラックになってしまった人は各金融業者の間でも情報共有されてしまっていますから、新しく取引を始めようとした消費者金融であっても、審査の際に伝えた個人情報から過去の消費者金融を利用した履歴がチェックされて、返済などでブラックリスト入りしている記録があるとどうしても審査を通過しづらくなってしまいます。

ただ、必ずしもブラックの人が融資をうけられないわけではなく、融資をするかしないかはその消費者金融の判断になります。絶対に融資してはいけないわけではありません。そういう法律の決まりがあるわけではないのですが、やはりどうしても消費者金融側がいやがって融資をしない為に審査落ちとなってしまうことがほとんどです。

ブラックになってしまった人は過去に何かしら、返済の際にトラブルを起こしてしまった人です。それもちょっとやそっとの延滞などではブラックになりませんから、今まで何も問題なく消費者金融を利用してきた人や、いままで融資を受けたことがないまっさらな人に比べてしまうと、やはりブラックの人は多少なりともリスクのあるお客さんとなってしまいます。

しかし、どこの業者も相手にしてくれないわけではありません。ブラックに対してきちんと審査を行い、スピード審査、即日融資をOKにしている柔軟対応の消費者金融も実はあります。やはりお金に困っているときは即日で融資を受けられることはありがたいですよね。ブラックでいままで借り入れができずに諦めてしまっていた人からすれば、ほんとうに信じがたい事実ですが、実際に存在します。あまり知られていない社名のことがほとんどですが、それは小規模のためにあまり宣伝広告費をかけられないからです。しかしそれでも営業をし続けられているのはきちんと健全な営業を続けながらお客さんをしっかりと囲い込めているからです。きちんと安心して取引できる信頼のその裏付けです。社名をきいた事がない=信頼できない業者ではありません。




このように小規模でもきちんと健全な営業をしている、まだ知られていない業者はたくさんあります。

低金利の銀行、キャッシングで即日融資希望のブラックの人へ


銀行の融資は低金利で魅力的ですが、銀行でローンを利用しようとしてもブラックの人はなかなか審査を通過できません。
ブラックリスト入りする人は過去に借金の延滞があったり、自己破産の手続きをした人ですから、銀行側もそのリスクを想定してそもそも融資をしないことに決めている事がほとんどです。
大手の消費者金融も同じようにブラックの人へ対して厳しい審査を行いますから、なかなかキャッシングを受けることができません。ブラックの人にとって融資を受けるということは、それまで普通に借り入れできていた人であっても一気に厳しくなります。
ブラックリストというものが実際に存在するわけではなく、個人信用情報機関へ金融事故の情報が記録されたことを通称としてブラックになった、ブラックリスト入りしたと言っています。その状態になると加盟している金融業者が情報を閲覧できるようになり、申し込んだ際の審査で調べられてしまいます。
しかしそのブラックリスト入りしている人であっても、決して融資してはいけないという決まりになっているわけではなく、その審査落ちと判断されている理由も基本的には金融業者の勝手な判断なのです。金融業者各社がそれぞれ審査基準をもっていますから、その中でブラックの人には融資をしないと決めているところもありますし、その逆にブラックの人でも融資をするという方針の業者も実はあります。それほど数は多くないので、なかなか業者選びを慎重にしない限りはそういった業者を知ることはないかもしれません。
ブラックでも貸し出しをしてくれる業者はだいたいが小さい規模の業者であり、その分あまり多くのお客さんが来ませんから、審査のハードルを下げて1人でも多くのお客さんへ融資をするというスタイルをとっているのです。もちろん最低限の審査は行われるのでだれでも借りれるというわけではありませんが、銀行や大手の消費者金融よりはキャッシングを受けられる可能性は高くなりますから、銀行などの申し込みで審査落ちしてしまっていた人も小規模の消費者金融へ申し込みしてみましょう。
小規模だといっても大手よりサービスが劣ったりすることもありません。金利もほとんど変わりません。いまはインターネットの普及などによって申し込みも簡単になりましたし、やり取りもスムーズです。審査に必要とする時間も大手とはほとんど変わりませんし、対応も大手より柔軟で親切であるという口コミ情報も多いですから、今まで借り入れが難しくて諦めていた人もまずは申し込みをしてみてください。